U12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2021出場『片山蓮選手』

2022年1月3日〜6日に行われた『U12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2021』に、ノザワナFCから3名の選手が出場しましたのでご紹介させて頂きます。

街クラブ選抜チーム

2人目は《大和ハウスDREAMS》に選出された、

片山蓮選手(6年MF)

[コメント]

ワールドチャレンジで元日本代表の播戸竜二監督のもと、全国からセレクションで集まった仲間達のチームで全国強豪チームと戦いました。
全国強豪チームと戦えて、プレスの強さ、スピード、戦う強さを肌で感じました。
元プロの、播戸竜二監督が、チームを1つにまとめてくれて、トラップ1つ1つのこだわり方、恐れずに挑戦することを教わりました。

播戸監督の戦術は、
①チーム セレクションで集まったチームなのでチームワークを深める!
②チャレンジ ミスしてもいいからチャレンジする!
③戦う チームで負けても個人では戦って勝とう!

そして、守備1対1で勝つ方法。取った後の判断力を教えてもらいました。強い相手と対戦出来たので、自分に足りない所をたくさん見つけられて、成長につなげられました。
このこと生かして、その課題に向かって頑張って行きたいです。

チームのみんなと、短い間でしたが、ファミリーになりました!
ゴールを決めたときの、みんなでの、おばんざーい!播戸監督最高でした😄
大会関係者の皆様、コロナ禍での開催を、本当にありがとうございました。
そして、お父さん、お母さんには、いろいろな面でサポートをしてもらいました。感謝しています。
この経験は、なかなかできるものではありません。必ずこの経験をいかして、もっともっと自分を磨いていきます!ありがとうございました。

片山 蓮

この記事を書いた人

勝山直亮(かつやま・なおあき)