U12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2021出場『内田健太選手』

2022年1月3日〜6日に行われた『U12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2021』に、ノザワナFCから3名の選手が出場しましたのでご紹介させて頂きます。

街クラブ選抜チーム

1人目は《大和ハウスDREAMS》に選出された、

内田健太選手(6年DF)

[コメント]

ワーチャレに行った5日間、とても充実していて楽しかった。
選抜選手として集まった仲間とすぐにコミュニケーションがとれて仲良くなりました。なのでプレー中も指示がしやすかったです。
監督の播戸竜二さんが楽しく盛り上げてくれて、ゴールパフォーマンスでは皆んなで集まって『おばんざーい!』と言って盛り上がり、いい雰囲気で試合ができた。
強い相手と試合をした時も、今まで頑張ってきた成果が出せた。

あと、毎晩サッカーのいいイメージをして寝るのですが、特にマスチェラーノのスライディングを意識しています。そのイメージが夢に出て、実際そのプレーが出来てとても嬉しかったです。

勉強になったことはレベルが高いチームの守備の迫力がすごかった事です。自分がまだ足りないと思う事に気づけました。

最後にワーチャレを開催してくれた関係者の皆様、お父さん、お母さん、応援してくれた皆さんに感謝しています。本当にありがとうございました。
ワーチャレに出て僕の中でとても記憶に残る素晴らしい大会でした。
この経験を活かして自分のレベルをもっと上げていきます。

内田健太

この記事を書いた人

勝山直亮(かつやま・なおあき)